溝端化学の歴史history

溝端化学の歴史
創業100年の信頼と実績

溝端化学は1909年機料品(紡織機械の部品)の販売店として創業しました。その後の織機、糊付機や空調機器といった織布工場で使われる機械本体の販売、糊素材の販売、配合糊材の製造と海外展開、粉体加工OEMの拡充。

激動の時代の中、浮利を追わず、身近なお客様のニーズに一つ一つお応えする ことにより根を張り、枝を広げて今日を迎えました。

昔も今もこれからも、皆様方のご支持とご期待が私たちの継続と成長の糧です。

溝端化学の歴史

1909年(明治42年)
紡織機械用品の販売店として創業
創業者 溝端 藤治郎
創業者 溝端 藤治郎

1950年(昭和25年)
法人に組織変更。商号(株)溝端商店、資本金100万円
初代社長 溝端 良雄
初代社長 溝端 良雄
旧溝端商店~溝端商事株式会社社屋
旧溝端商店~溝端商事株式会社社屋

1957年(昭和32年)
織布経糸用糊材の販売を開始

1959年(昭和34年)
資本金300万円に増資

1961年(昭和36年)
商号を溝端商事株式会社に変更

1963年(昭和38年)
経糸用配合糊材「ジェットサイズ」を発明、製造販売を開始
当時の特許許可証
当時の特許許可証

1965年(昭和40年)
「ジェットサイズ」の輸出に成功し、貿易業務にも進出
特許許可証
初期のJET-SIZEカタログ

1967年(昭和42年)
資本金1000万円に増資。受注増大と品質改善のため工場を建設し移転
工場を建設し移転
工場を建設し移転

1983年(昭和58年)
品質向上と顧客サービス充実のため、試験室を設置
粘度グラフ
粘度グラフ

1986年(昭和61年)
資本金2000万円に増資

1989年(平成元年)
溝端化学株式会社に社名変更

1990年(平成 2年)
現在地 貝塚市二色中町2-2に新社屋と自動化工場が完成し、本社・工場を統合移転
本社・工場を統合移転
本社・工場を統合移転
本社・工場を統合移転
本社・工場を統合移転

1991年(平成 3年)
汎用粉体混合機を導入。繊維工業用途以外の粉体配合品の受託生産を開始
汎用粉体混合機
汎用粉体混合機

1995年(平成 7年)
インドネシアに合弁会社P.T. Mizobata Lajuを設立 初代社長 溝端延彦(弊社第2代社長)
翌年5月より操業を開始
P.T. Mizobata Laju
P.T. Mizobata Laju
P.T. Mizobata Laju

2001年(平成13年)
汎用粉体混合機を増設

2003年(平成15年)
12月 ISO 9001-2000の認証取得

2008年(平成20年)
防虫対応の作業エリアを設置
防虫対応の作業エリアを設置
防虫対応の作業エリアを設置

2009年(平成21年)
小口包装に対応するため少量自動計量充填機を導入
溝端化学 創業100周年
溝端化学 創業100周年

2011年(平成23年)
需要に対応するため粉砕造粒システムの能力アップ

2012年(平成24年)
ダンボール梱包作業の効率化のため半自動製函・封緘機を導入

2013年(平成25年)
「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」に採択されました

2014年(平成26年)
小口包装の能力アップのため自動充填包装システムを導入
PT. Mizobata Lajuに配合糊材製造ラインを増設

2015年(平成27年)
加工方法の多様化のためヘンシェルミキサーを導入
じゃかるた「絆」駅伝にP.T. Mizobata Lajuから2チームが参加しました

2016年(平成28年)
小規模事業者持続化補助金に採択されました
P.T. Mizobata Laju 操業開始20周年